ラブレットスタッドとは?サイズの選び方や付け外し方法を紹介!【トラガスピアス】

ラブレットスタッドとは?サイズの選び方や付け外し方法を紹介!【トラガスピアス】

ボディピアスの種類の中にラブレットスタッドというピアスがあるのをご存じですか?

ラブレットスタッドは装着できる部位が多く、軟骨ピアスとして人気があるトラガスや口ピアスにも使われているピアスです。

今回は使い勝手抜群のラブレットスタッドについて詳しくご説明します。

国内最大級ボディピアス専門店ROQUE

ラブレットスタッドってどんなピアス?

軟骨ピアスにぴったり?ラブレットスタッドってどんなピアス?

ボディピアスの一種であるラブレットスタッドは、片側がキャッチ、もう片側がフラットな形状をしているストレート軸のピアスです。

ストレートバーベルの片方のキャッチがフラットになっているものがラブレットスタッド、というとイメージしやすくなるかもしれませんね。

 

ラブレットスタッド最大の特徴は、片側の軸端にあるフラットな部分です。

 

片方のキャッチが耳の穴近くにきてしまうトラガスや、口の中にきてしまう口ピアスなど、キャッチをつけると邪魔になってしまうような部位でも、フラットな形状なら邪魔になりにくいです。

 

また、フラットな部分はピアス軸と繋がっていて取り外すことは出来ません。もう片方のキャッチはネジ式でクルクル回して付け外すのが一般的です。

ラブレットスタッドのサイズ

ラブレットスタッドのサイズとは?

ラブレットスタッドのサイズ選びは、ゲージ・内径と呼ばれる2種類のサイズを選択します。自分に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

ゲージサイズ(ラブレットスタッドの軸の太さ)

ラブレットスタッドの軸の太さをゲージ(G)という単位で表します。

ラブレットスタッドは幅広いサイズ展開がされていますが、ゲージ(G)の前につく数字が大きいほど軸の太さは細く、数字が小さいほど軸の太さは太くなります。

 

一般的なサイズとして人気があるのは、雑貨店などで多く販売されているファッションピアスとほぼ同じサイズの18G、耳たぶ用ピアッサーによく使われるサイズの16G、軟骨用ピアッサーによく使われるサイズの14Gです。

内径サイズ(ラブレットスタッドの軸の長さ)

ラブレットスタッドの軸の長さを「内径」といいます。

耳たぶや軟骨、トラガスには6mm、口ピアスには8mmの内径サイズが人気ですが、部位の厚さや個人の好みによって個人差があるので、いくつか違うサイズを試して自分にぴったりの内径サイズを見つけることをオススメします。

 

ファーストピアスや調子がよくない(腫れていたり、痛みがある)ピアスホールには、食い込み防止や洗浄しやすくするために、ぴったりサイズから2~3mm長い内径サイズを選ぶようにしましょう。

ラブレットスタッドのおすすめ部位

ラブレットスタッドはあらゆる部位に装着することができますが、その中でも特にオススメの部位をいくつかご紹介します!

耳たぶ

ラブレットスタッドは耳たぶのピアスとしても人気が高く、ファッションピアスの代わりにラブレットスタッドをつける方も少なくありません。

ファッションピアスは就寝時や電話中に、ピアスの軸が耳の後ろに刺さってしまうことがありますが、ラブレットスタッドならフラットな形状のおかげで痛くなりにくく、つけっぱなしピアスとして使えます。

トラガス

トラガスは耳の穴手前に出っ張っている小さな軟骨部分で、軟骨ピアスの可愛い位置として人気のある部位です。

ラブレットスタッドは片方がフラットになっているので、イヤホンを装着する時も邪魔にならず安心です。長めの内径だとイヤホンを着ける際に邪魔になることもあるので、ぴったりめの内径を選ぶのがポイントです。

トラガスについて気になる方はぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

ヘリックス

軟骨ピアスの代表的位置ともいえるヘリックス。ラブレットスタッドはヘリックスにつけるのもオススメです。

耳のふちあたりに開けるヘリックスは、どうしても髪や服が引っかかりやすい部位ですが、ラブレットスタッドならフラット部分が引っかかりを軽減してくれるので、ピアスホールのトラブルも減らすことができますよ。

マドンナやラブレット、リップなど口ピアスといっても本当は細かく部位が分かれていますが、どの部位も片方が口内に入るので、フラットな形状が邪魔になりにくいラブレットスタッドはおすすめです。

また、本来舌ピアスは内径長めのストレートバーベルをつけるのが一般的ですが、中には舌ピアスにラブレットスタッドを選択する方もいます。

おすすめラブレットスタッド
ラブレットスタッド ボディピアス 18G 16G 14G カラー 軟骨ピアス シンプル
軟骨 ピアス トラガス 16G 14G ボディピアス ラブレットスタッド 軟骨ピアス
ラブレットスタッド ボディピアス トラガス ピアス 16G 口・唇 軟骨 ミニお花軟骨ピアス

ラブレットスタッドの付け方

  1. 固定するために軸をしっかり持ち、キャッチを回しながら外す
  2. ピアスホールに軸を通す
  3. 外したキャッチをつける
ピアスホールを軸に通す際、かわいいキャッチが付いているラブレットスタッドなら、ピアスホールの裏側からラブレットスタッドを通します。また、ラブレットスタッドをあまり目立たせたくない場合は、ピアスホールの前側からラブレットスタッドを通し、フラット部分が前にくるようにつけましょう。

ラブレットスタッドの外し方

  1. 軸をしっかり持つ
  2. キャッチを回して外す
ラブレットスタッドを外す際は、ピアスの軸がキャッチと一緒に回ってしまわないように軸をしっかりと押さえて固定しましょう。トラガスなど狭い部位で軸に手が届かない場合は、フラット部分を押さえてもOKです。しっかり固定したら、ネジ式のキャッチを回して外します。

ラブレットスタッドのキャッチが外れないときはどうする?

キャッチが固くて外れにくい場合は、ゴム手袋を装着して回すと摩擦が減り、滑りにくくなるのでオススメです。

それでも外れない!という場合にはペンチを使って軸を固定しながらキャッチを回すと外れやすくなります。

【サージカルステンレス】ジュエリープライヤー プロフェッショナルツール ボディピアス 専用ペンチ 工具軟骨ピアス

上手くつけられない方にはプッシュピンラブレットスタッド

それでもラブレットスタッドが上手く着けられない、付け外しに手間取ってしまうのが悩み、という方も多いはず。

そんな方にはプッシュピンタイプのラブレットスタッドがおすすめです。

 

プッシュピンラブレットスタッドとは、キャッチがネジ式ではなく、名前の通り画鋲のように差し込むだけでキャッチを装着できるラブレットスタッドのことです。

一般的なラブレットスタッドと違ってキャッチ装着にネジを回す必要がないので、不器用さんや、長いネイルでつけづらいという方でも、簡単にラブレットスタッドをつけられると注目を集めています。

おすすめプッシュピンラブレットスタッド
軟骨ピアスボディピアス 18G 16G スワロフスキー プッシュピン ラブレットスタッド軟骨ピアスボディピアス 16G 14金コーティング キュービックジルコニア プッシュピン ラブレットスタッド

ラブレットスタッドまとめ

今回はラブレットスタッドについてご紹介しましたがいかがでしたか?

あらゆる部位で活躍してくれる、ラブレットスタッドの魅力を少しでもお伝えできたなら嬉しいです。

使い勝手抜群のラブレットスタッドで、ぜひおしゃれの幅を広げてくださいね!

おすすめラブレットスタッド
軟骨ピアス ボディピアス 18G 16G 14G ラブレットスタッド 軟骨ピアス シンプル
ラブレットスタッド ボディピアス 18G 16G 14G カラーPVD/18Kコーティング
ボディピアス 16G ミラーボールカットジュエル インターナル ラブレットスタッド軟骨ピアス
ボディピアス 18G 16G 14G 選べるバーベル・ラブレット ブリリアントコーティングパヴェ オーロラMIX
トラガス ボディピアス ピアス 18G 立て爪ジュエルチャーム付きラブレットスタッド
ボディピアス 16G ミニスター カラーラブレットスタッド軟骨ピアス