ニードルって?ピアッシングにおすすめのアイテムをご紹介!

ニードルって?ピアッシングにおすすめのアイテムをご紹介!

みなさんニードルでピアスホールを開けたことはありますか?

「ニードルを使ってみたいけど難しそう・・・」「ピアッサーで開けるのとどう違うの?」

そんな方のために、今回はニードルの使い方やメリットについて紹介していきます。是非最後までご覧ください!

国内最大級ボディピアス専門店ROQUE

ニードルって?

ニードルって?

ニードルとは、先端が斜めにカットされ筒の中が空洞になった注射針のようなピアッシングツールです。

ピアスニードルは一般医療機器に分類されるため、インターネット通販などで購入する必要があります。

細胞を傷つけにくく、カラダへの負担が少ないのが特徴で、カラダにやさしいピアッシングツールです。

ニードルとピアッサーの違い

 

ニードル

先端が鋭くスムーズに刺すことができるので、カラダにあまり負担をかけずに貫通させることができる。

一般的なピアッサー

先端が鋭くなく、バネの力で細胞を押し潰すように貫通させるので、カラダへの負担が大きい。

ニードルの3つのメリット

  1. きれいなホールを開けられます。
    鋭い先端がピアッシングの時の細胞の損傷を抑え、きれいなホールを開けることができます。
  2. 好きなファーストピアスを選べます。
    開けたその日からお好きなピアスを。学校や職場の人に気づかれにくい透明なガラス製ピアスを選ぶこともできます。
  3. さまざまな部位に使用できます。
    耳たぶ以外へのピアッシングもOK!
    ヘソなど、通常のピアッサーでは難しい部位にもお使いいただけます。

ニードルの使い方

用意するもの
・マジックペンまたはアイライナー
・消毒液
・綿棒
・軟膏(チューブタイプがおすすめ)
・ファーストピアス
・消しゴム
・鏡

使い方

  1. ファーストピアスと消しゴムを消毒液に浸します。
  2. ピアッシングしたい箇所を綿棒で消毒します。
  3. マジックペンまたはアイライナーで印をつけます。
  4. ニードルを軟膏のチューブに差し込み、外側と内側両方に軟膏を塗ります。
  5. 先ほどマーキングした箇所の裏側に消しゴムを当て、表側からニードルを刺します。
  6. ファーストピアスをニードルの端(お尻側)に押し当ててそのまま押し込み装着します。
  7. ファーストピアスにキャッチを装着します。

便利アイテム

ピアッシングの際にあると便利なアイテムをご紹介します。

ピアッシング用ピンセット

ピンセット ピアッシング用 簡易フォーセプス プラスチック製 C型 クリップタイプ

ニードルやピアッサーと一緒にあると便利なピンセット
クリップタイプだから挟みこめば両手がフリーに!先端がC型だから扱いやすいのも嬉しい!
耳たぶ・軟骨、へそや舌などのピアッシング時に皮膚や粘膜をピンセットのようにつまみ、ピアッシング部位を斜めに刺さらないよう位置を固定しやすくするボディピアスユーザーには必需品のボディピアスツールです。

使い方
  1. ピアッシングする部分を消毒します
  2. ピンセットの根本部分を希望の位置にあててピアッシングする位置にマーキングします
  3. 印の横線___で折り返し、両サイドの丸点を背中合わせにして、ピアッシング位置がピンセットの中央にくるように挟み、ストッパーを調節し固定できたらピアッシング準備OK!
※ニードルでピアスホールを開ける際の注意点※
同じニードルを使いまわさない!
一度使ったニードルでピアッシングしてしまうと、雑菌が入って炎症したり感染症を引き起こしてしまう可能性があります。
ピアッシングの際は必ず新しいものを使用しましょう。

ファーストピアスにおすすめのピアス紹介

定番ストレートバーベル

透明プッシュピン ラブレットスタッド

透明ピアス 16G バイオフレックス素材 透明プッシュピン ラブレットスタッド

ラブレットスタッド 定番

軟骨ピアス ボディピアス 18G 16G 14G ラブレットスタッド 定番 シンプル

選べる3サイズ ストレートバーベル

ボディピアス 選べる3サイズ 18G 16G 14G ストレートバーベル

強化ガラス素材 リテーナー

透明ピアス 20G 18G 16G 14G 強化ガラス素材 リテーナー つけっぱなし ボディピアス 軟骨ピアス リテイナー

ピアッシング後のアフターケアはとても大切です。
こちらの記事で詳しく説明していますので、是非確認してみてください。

ピアスが安定しない人必見!自宅でできるアフターケア方法
ピアスが全然安定しない…とお悩みの方はいませんか?簡単にお洒落を彩ることができる...

ニードルまとめ

今回はニードルの紹介やピアッサーとニードルの違いについてお話しました。
痛みが少なかったり、ピアスホールが綺麗に開いたりとメリットが多いニードルですが、慣れるまでは扱いが難しいです。
自分のペースで穴を開けるので、痛みに弱い方や初心者の方は途中で怖くなってしまうこともあるかもしれません。
不安な方は知識がある友人などにお願いするか、病院やピアススタジオで開けてもらうことをおすすめします。

ニードルもピアッサーもそれぞれに良さがあるので、どちらが自分に合っているかで使い分けてみてはいかがでしょうか?