セカンドピアスの選び方&正しい装着期間は?【可愛さと安全素材はマスト】

セカンドピアスの選び方【可愛くて安全な素材がイイ】

ファーストピアスの次の段階で付けるセカンドピアス

ファーストピアスに比べて聞きなれない言葉かもしれませんが、セカンドピアスはきれいなピアスホールを完成させるために必須です。

 

そんなセカンドピアスには、ボディピアスがおすすめということをご存じですか?

今回はセカンドピアスについて、正しい選び方や装着期間など、詳しくお話していきます。

国内最大級ボディピアス専門店ROQUE

セカンドピアスとは?

セカンドピアスとは?

ピアスホールを開けて最初に付けるファーストピアスの、次の段階で付けるピアスのことを、セカンドピアスと呼びます。

ファーストピアスは開けたての繊細なピアスールが閉じないようにする役割を持っているのに対し、セカンドピアスはピアスホールを安定させ、早く完成するよう導く役割を持っています。

 

ファーストピアスはピアスホールにできるだけ負担をかけないようにするため、シンプルなデザインが多いですが、セカンドピアスは自分好みのデザインを選ぶことができるのが特徴です。

セカンドピアスにボディピアスがおすすめな理由

セカンドピアスにボディピアスがおすすめする理由は以下の2つ。

 

  1. 肌に優しい素材が多く、つけっぱなしに適しているから
  2. 可愛いデザインが多いから

 

雑貨店で販売されているファッションピアスと比較すると、ボディピアスは素材を明記している商品が多く、キャッチも外れにくい作りになっているため、つけっぱなしにする必要があるセカンドピアスに適しています。

また、デザインも豊富なので可愛いセカンドピアスを見つけることができます。

 

【肌に優しい×可愛い】をどちらも備えているボディピアスは、まさにセカンドピアスにぴったりです。

セカンドピアスはいつからいつまでつける?期間中はつけっぱなし?

セカンドピアスはいつからいつまでつける?期間中はつけっぱなしでOK?

ファーストピアスからセカンドピアスに付け替えるタイミングは?

ファーストピアスからセカンドピアスに付け替えるタイミングは、ピアスホールを開けてから4~6週間後が目安です。

4~6週間経って、痛みがなければ一度ファーストピアスを外してみましょう。

以下のポイントをクリアしていれば、セカンドピアスへ移行してOKのサインです。

 

  • ホールを指で押しても痛みがない
  • 出血やリンパ液が部位から出ていない
  • ホールの内側が完全に乾いている

 

もしもファーストピアスを外した際や、付け替えの最中で痛みや出血があった場合は、すぐにセカンドピアスの付け替えを中止するようにしましょう。

ピアスホールが不安定な状態のままセカンドピアスに付け替えると、ピアス着脱時にホールを傷つけてしまう可能性があり、ホール完成が遅れる原因となってしまいます。

きれいなホールを完成させるために、ファーストピアスの調子を整えてから、セカンドピアスに付け替えてください。

セカンドピアスはつけっぱなしでOK?

セカンドピアスをつけている期間中は、ファーストピアス同様つけっぱなしにしておきます。

日中も寝る間もつけっぱなしにしておくので、引っかけたり邪魔になったりしないデザインを選ぶようにしてください。

 

また、つけっぱなしの間もピアスホールのケアは必須です。

毎日お風呂で泡立てた石鹸を部位にあてて、ピアスをくるくると回して洗浄しましょう。
入浴後はタオルで耳をポンポンと軽くたたき、水分が残さないようにすると化膿しにくくなります。

セカンドピアスはいつまで着ける?

セカンドピアスに付け替えたら、最低でも1ヶ月くらいはつけっぱなしにしておくようにしましょう。

体質やピアスを開けた部位によって個人差があるので、皮膚が敏感な方やホールの完成が遅い方はセカンドピアスの装着期間を伸ばしてください。

 

約1ヶ月後、セカンドピアスを外してみて痛みや出血がなければ、セカンドピアスを卒業できるサインです。
そのあとは自分の好きなデザインのピアスで、自由にオシャレを楽しんでくださいね!

とはいえ、いきなりフックタイプやチェーンタイプなど、ピアスホールに負担が大きいデザインのピアスは避けるようにしましょう。

 

一般的に、ピアスホールが完成する目安は約半年といわれています。
しかしあくまで目安なので、焦らず自分の体と相談しつつセカンドピアスの装着期間を決めてください。

セカンドピアスの選び方

セカンドピアスの選び方

セカンドピアスを選ぶときに重要視するポイントは素材・サイズ・形状・デザインの4項目。

意外と多い!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ピアスホールを早く完成させるため、1つずつ見ていきましょう。

素材

セカンドピアスは長時間つけっぱなしになるので、金属アレルギーの心配や、肌への負担が少ない素材を選びましょう。

 

おすすめの素材は金属アレルギーの原因物質が溶け出さない、サージカルステンレス316Lです。

サージカルステンレス316Lは、メスなど医療用器具にも使われている人体に優しい素材で、耐久性に優れサビや変色にも強いのが特徴です。
比較的安価で、かわいいデザインのピアスが多いのもおすすめポイント。

 

また、医療用インプラントなどにも使用されているチタン素材もおすすめです。

チタンは軽くて丈夫なのが特徴で、「最も金属アレルギーを起こさない素材」とも言われています。

金属アレルギー対応セカンドピアス

ボディピアス 軟骨ピアス 選べる3サイズ 18G 16G 14G ストレートバーベルボディピアス 18G 16G スワロフスキー プッシュピン ラブレットスタッド

サイズ

ゲージサイズ

ゲージサイズとはピアスの太さのことです。

完成していないピアスホールにサイズの違うピアスを装着するとホールの負担になってしまうため、セカンドピアスは必ずファーストピアスと同じゲージサイズを選んでください

内径サイズ

内径サイズとは、ピアス軸の長さのことです。

セカンドピアスの内径は部位に対してぴったりではなく、炎症を起こしたり腫れたりする可能性を考慮して、少し余裕のある内径サイズを着けることをおすすめします。

ゲージ・内径サイズが選べるセカンドピアス

軟骨 ピアス ボディピアス 18G 16G 14G ストレートバーベル 定番 シンプルラブレットスタッドボディピアス 18G 16G 14G カラーラブレットスタッド PVD/18Kコーティング

形状

ピアスにはフープタイプやフックタイプなど様々な形状がありますが、セカンドピアスではストレートのピアス軸をキャッチで止める、スタンダードな形状のピアスを使用しましょう。

おすすめの形状は日常生活で邪魔になりにくく、引っかけたりする心配が比較的少ないストレートバーベル・ラブレットスタッド・アンプラグ等です。

 

その中でもストレートバーベルはボディピアスで最もポピュラーな形状で、デザインやサイズの種類が多く人気があります。

おすすめ形状のセカンドピアス

ボディピアス 18G 16G 14G 選べるバーベル・ラブレット ブリリアントコーティングパヴェ オーロラMIXトラガス ボディピアス 18G/16G/14G ミニスター スタッズ×ストレートバーベル or ラブレットスタッド

デザイン

ピアスホールの負担を軽減させるため、セカンドピアスは軽くて小ぶりなデザインを選びましょう。

引っかけてしまう可能性が高いチェーンやチャームがついたデザインは、セカンドピアスにはおすすめできません。

ピアスホールの完成を第一に、デザインを選んでくださいね。

おすすめデザインのセカンドピアス

軟骨ピアス ボディピアス 18G 16G 14G スマイルストレートバーベルボディピアス 16G ミラーボールカットジュエル インターナル ラブレットスタッド

セカンドピアスまとめ

ここまでセカンドピアスについてご紹介してきましたがいかがでしょうか?

ピアスホールの完成に一役買うセカンドピアス。
可愛く肌に優しい素材のボディピアスを、ぜひセカンドピアスとして活用してみてくださいね!

 

おすすめセカンドピアス

軟骨ピアス 18G 16G 14G ボディピアス スターダブルフェイスストレートバーベルボディピアス 18G 16G 14G PVDコーティング レッド ストレートバーベルボディピアス 16G 一粒ジュエルの百合の紋章 ストレートバーベル

軟骨ピアス ボディピアス 16G ブリリアントカット立て爪ストレートバーベル軟骨ピアス イヤーロブ ボディピアス 16G ホログラム ミニスター ストレートバーベルアンプラグ ボディピアス 16G 和風ロゴ フェイクプラグ