金属アレルギーでもOK!ピアスの素材について

金属アレルギーの症状や対処法は?ピアスを素材で選ぼう!

近年、ピアスを着けて金属アレルギーになる方が急増しています。

 

しかし、金属アレルギーの方でもピアスの素材をきちんと選べば、様々なデザインのピアスを楽しむことが出来るってご存知ですか?

 

今回は金属アレルギーの原因や対処法をお話しするとともに、金属アレルギーが起こりにくいピアスの素材について、詳しく説明していきたいと思います。

 

国内最大級ボディピアス専門店ROQUE

ピアスで起こる金属アレルギーとは

金属アレルギーの主な症状は?重症化するとどうなる?

金属アレルギーはアレルギー性接触皮膚炎という皮膚疾患の一種です。金属アレルギーの症状は金属に触れた直後~数日後に発生し、主な症状は

 

  • ピアスホールやピアス周辺の皮膚がかゆくなる
  • ピアスが接触していた部分が赤くなる、または腫れる
  • ピアスホールやピアス周辺の皮膚に湿疹が発生する
  • ピアスホールやピアス周辺の皮膚が炎症を起こす

 

などが一般的ですが、ひどくなると発熱全身の倦怠感などの症状が現れることもあります。

金属アレルギーはある日突然発症する可能性があり、また一度発症してしまうと完治することはありません。

金属アレルギーが起こる原因は?予防法はある?

金属アレルギーは汗で溶けた金属イオンが体内のタンパク質と結合し、それを異物だと判断した身体が過剰反応を起こすことでアレルギーの諸症状を引き起こします。

 

現在、日本には予備軍の方も含めると、およそ10人に1人が金属アレルギーを発症していると言われるほど患者数が激増しており、金属アレルギーの予防策としては

 

  • スポーツ時や夏場など、汗をかく場面ではピアスの着用を控える
  • 適切なスキンケアで皮膚の抵抗力を高める
  • 金属アレルギー防止剤を使う

 

などが挙げられます。
一番最後に挙げた金属アレルギー防止剤には馴染みがない人もいるかもしれませんが、ピアスを樹脂被膜でコーティングすることで金属イオンを封じ込め、金属アレルギーを防止することができます。

 

金属アレルギー防止剤はコチラ

ボディピアス ケア用品 金属アレルギー専用メタルコー

発症してしまった金属アレルギーの対処法は?

 

万が一金属アレルギーの症状を確認したら、まずは原因のピアスを外しましょう。
無理な長時間着用は金属アレルギーの症状を悪化させてしまいます。

 

また、普段から着けているピアスでも、金属アレルギーはある日突然症することがあります。
「違和感があるな」と思ったら、すぐにピアスを外し原因物質から遠ざかることが大切です。

 

ピアスを外した後、少し様子を見てもアレルギー症状が改善されない場合は皮膚科を受診するようにしてください。

金属アレルギーでも着けられるピアスの素材について

「金属アレルギーになるともうピアスを着けられない」と思っている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません!

 

一口にピアスと言ってもピアスには様々な素材があり、その中でもチタンやサージカルステンレス、樹脂などは金属アレルギーがほとんど起こらない素材とされています。

ここからは金属アレルギーの方でも着けられるピアスの素材をご紹介していくので、ぜひピアス選びの参考にしてみてください!

金属アレルギーでも着けられるピアスの素材について

サージカルステンレス316L

サージカルステンレス316Lとは、メスなどの医療用器具にも使われている人体に優しい素材です。

金属アレルギーの原因である金属イオンが溶けださない素材で、耐久性にも優れているという特徴を持っています。熱にも強く入浴時でも着けたままいられるため、日常使いのピアスにぴったりの素材です。

しかし、中にはサージカルステンレス素材の上からカラーコーティングをしているピアスもあり、メッキコーティングのピアスはアレルギー反応が出る可能性があるため、購入時には注意しましょう。

 

サージカルステンレス316L素材のおすすめピアス
軟骨 ピアス ボディピアス 18G 16G 14G ストレートバーベル 定番 シンプル
ボディピアス 18G 連結ロングクロスチャーム フープピアス or ストレートバーベル
ボディピアス 18G 16G 14G キャプティブクリッカー ビーズリング ボール&ジュエル

サージカルステンレスPVD

サージカルステンレスPVD

サージカルステンレスPVDとは、サージカルステンレス316LにPVDと呼ばれる特殊なコーティング技術で色を着けた、金属アレルギーを起こしにくいピアス素材のことです。

サージカルステンレス316L素材では難しい、金属アレルギー対応のカラーピアスを作ることが出来る点が最大の特徴です。

PVDはサージカルステンレス316Lと同等の対アレルギー性を持つため、金属アレルギーの症状が起こりにくく、 金属アレルギーの心強い味方とも言えます。

 

サージカルステンレスPVD素材のおすすめピアス
ストレートバーベル ボディピアス 選べる3サイズ 18G 16G 14G カラー【PVDピンクゴールド】
軟骨ピアス ボディピアス 18G 16G 14G スマイルストレートバーベル
ボディピアス 16G 14G エンジェル ウィング キャプティブビーズリング

チタン

チタンは「最もアレルギーを起こさない素材とも言われ、医療用インプラントなどにも使用されている素材です。
軽くて丈夫なため錆びたり変形したりしにくいという特徴を持っています。

しかし、安価なピアスの中には「チタンポスト」という表記で、軸の部分だけチタン素材で、キャッチやモチーフ部分はチタンではない素材を使っているピアスが存在します。
チタンポストのピアスを選ぶと、チタン以外の素材で金属アレルギーを起こす場合があるため、購入する際には注意が必要です。

チタンポストのピアスには、透明のOリングをピアスの軸部分に装着することで、肌と金属が直接触れないようにして金属アレルギーを予防することができます。

 

チタン素材のおすすめピアス

ボディピアス 18G 16G スワロフスキー プッシュピン ラブレットスタッド

透明Oリングはコチラ

キャッチ ボディピアス 20G 18G 16G 14G 透明Oリング

樹脂(アクリル樹脂)

樹脂は金属ではないため金属アレルギーの心配はありません。
軽量な素材のため着け心地が軽く、ピアスホールへの負担が少ないのが特徴です。寒暖差にも強いのでスキーや温泉などでも活躍してくれます。

カラーバリエーションが豊富で、中でも透明なカラーはシークレットピアスとしても人気があります。雑貨店などで取り扱っていることも多く、気軽に手に入れることができるほか、豊富なカラーバリエーション、安価な価格という魅力が多い素材です。

しかし、金属製のピアスに比べると強度が低いため、キズが付きやすく、破損しやすいというデメリットがあります。

 

 樹脂(アクリル樹脂)素材のおすすめピアス
【透明ピアス】16G 14G ストレートバーベル/ラブレットスタッド トラガス バイオフレックス
樹脂ピアス ジュエルトップスタッドピアス ジュエル付樹脂ピアス 6個セット
アクリル ピアス ボディピアス 16G UVアクリルポップ ストレートバーベル

ピアスで金属アレルギーまとめ

いかがでしたか?今回はピアスによる金属アレルギーについてお話しました。
金属アレルギーでも、ピアスの着用を諦めなくていいということが少しでも伝われば嬉しいです。

 

最近は金属アレルギー対応素材のピアスでもデザインが豊富なので、オシャレなピアスを楽しむことが出来ます!大切なのは購入する際にきちんと素材を見極めることと、金属アレルギーの症状が出た際は素早く適切な対処をすること。

 

正しい知識を持ってぜひピアスライフを楽しんでくださいね!

 

 金属アレルギー対応素材のおすすめピアス
ストレートバーベル ボディピアス 16G 14G ナチュラルコーティングパヴェ
ボディピアス 16G 魚&ねこ ストレートバーベル(
へそピアス 14G ボディピアス ブリリアントカットバイオPTFE マタニティ
ボディピアス 18G ダブルスターモチーフ フープピアス
軟骨ピアス ボディピアス 18G 16G 14G カラーストレートバーベル PVD/18Kコーティング
キャプティブビーズリング ボディピアス 18G 14G スターチャーム