バーティカルトラガスについて解説

バーティカルトラガス

 

みなさんは「バーティカルトラガス」というピアス部位をご存知ですか?

非常に珍しい部位で、開けている人も少なく、ちょっぴり上級者向けかも知れません

 

今回は、そんなバーティカルトラガスについて解説します。

 

国内最大級ボディピアス専門店ROQUE

バーティカルトラガスの場所は?

 

 

バーティカルトラガスは、トラガスよりも内側(顔側)に近い場所のことで、

バーティカル=垂直・縦 を意味しており、その名の通り縦向きにピアッシングを行います。

 

トラガスとバーティカルトラガスの違い

 

バーティカルトラガスとは

 

バーティカルトラガスは軟骨を貫通させる通常のトラガスと異なり、皮膚の面に対してピアッシングする為、軟骨ピアスではなくサーフェイスに分類され、アイブロウ(眉ピアス)と同じような仕組みで開いています。

 

 

 

トラガスとは

 

トラガスとは、耳の顔側にある三角形になっている軟骨部分に開けるピアスのことで、耳に対して垂直にピアッシングを行います。

 

トラガスついてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。

 

トラガスにピアスを開けたい人必見!開け方や痛みは?イヤホンはできる?【軟骨ピアス】

404 NOT FOUND | ボディピアス専門店ROQUEロキの軟骨ピアスまとめ
ボディピアス専門店ROQUEがお届けするピアス情報メディアです!

 

 

バーティカルトラガスの開け方

 

ニードルかピアッサーか

 

結論から言うと、バーティカルトラガスはニードルを使用してピアッシングしましょう。

 

バーティカルトラガス含め、サーフェイスの部位をピアッサーで開けることは非常に難しく、無理やりピアッサーで開けてしまうとトラブルの元になります。

 

バーティカルトラガスの開け方

準備するもの


マーキングペン
ニードル
ファーストピアス
消毒液
消しゴム

★滅菌されていないニードルを使うのは絶対にやめましょう★

 

ROQUEで販売中の滅菌済みドクター・ニードルは、注射針と同じ構造をしたピアッシング専用ニードル。
細胞を傷つけにくく、カラダへの負担が少ないのが特徴です。
実はピアススタジオや海外では、ピアッサーよりもニードルが一般的。
知っている人は使っている、カラダにやさしいピアッシングツールです。


 

マーキング

 

開けたい位置にペンでマーキングします。ニードルを刺す場所(表側)とニードルが出てくる場所(裏側)の両方に印を付けます。

 

ニードルを準備する

滅菌済みニードルを取り出し、軟膏チューブに1/3程入れ、軟膏を塗ります。
この時、ニードルに直接指で塗らないようにしましょう。

 

ピアッシング

 

最初に付けた2つの印同士を結ぶように、角度に気を配りながらニードルを貫通させましょう。

バーティカルトラガスは、下から上に向かってニードルを貫通させ、浅くならないよう気を付けることがポイントです。

 

 

ピアスを接続する

※写真はヘリックスです

ニードルの裏側(尖っていない方)を皮膚の表面ギリギリまで推し進めます。この時誤って抜けてしまわないよう注意してください。ファーストピアスをニードルにあてがい、角度がずれないよう、ピアスでニードルを押し出すような形でピアスを装着します。

 

バーティカルトラガスのファーストピアス

 

 

バーティカルトラガスのファーストピアスの形

 

バーティカルトラガスは、カーブした形のピアスを着用する部位です。

その為、バナナバーベル(カーブドバーベル)を使用しましょう。

ピアススタジオなどではサーフェイスバーベルを使用することもあります。

 

 

バーティカルトラガスのファーストピアスのサイズ

バーティカルトラガスは排除されやすく、安定させるためには少しでも負担を少なくすることが大切。

腫れが強く出た時に埋まってしまわないようにゆとりがあるサイズを選ぶことが大切です。

筆者は腫れていない状態からプラス2㎜~4㎜程のバーベルをおすすめしています。

 

 

バーティカルトラガスの安定期間

 

バーティカルトラガスは排除になりやすく安定しにくい部位なので、安定までに半年〜一年以上はかかることも珍しくありません。

少し腫れが引いてきても油断せず、引っかけにくいピアスを着用するのがおすすめです。

 

バーティカルトラガスの痛み

 

バーティカルトラガスを開けた際の痛みの感じ方には大きな個人差があります。

 

あくまでも軟骨ではなく皮膚に開けるため、痛みが少ない場合がある一方で、

軟骨に近いということもあり強い痛みを感じたという方も多いようです。

 

ニードルを刺し進めるのに時間がかかるのも痛みの要因の一つです。

 

 

バーティカルトラガスの注意点

 

 

バーティカルトラガスを開ける時には注意点がいくつか存在します。

 

浅く開けないよう注意する

 

まず一つ目は【浅く開けない】ということ。開けにくい場所なので深く開けるのは難しいですが、ピアッシング時にしっかり確認しておきましょう。

 

長めの内径を選ぶ

 

先程もご説明した通り、眺めの内径を着用しましょう。サーフェイスピアスは、長さが足りずないから差し替える、なんてことが簡単にできるものではありません。多少不便で不恰好でも長めを選ぶに越したことはありません。

 

バーティカルトラガスまとめ

 

いかがでしたか?


バーティカルトラガスは顔に近い部位なのでインパクトも個性も可愛さも抜群!
ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

上級者向け軟骨ピアス「ダイス」とは?位置・開け方・おすすめのピアスをご紹介!
ダイスの位置はどこ?ダイスとは、トラガス上部の隆起した軟骨に開けるピアスです。混...
インダストリアルの開け方を詳しく説明!ファーストピアスやケア方法なども解説!今あるホールを使ってインダストリアルにする場合の注意点なども解説!
2つのピアスホールを1つのピアスで繋げる「インダストリアルピアス」をご存知ですか...
インナーコンク徹底解説!開け方・ケア方法・ファーストピアスの形は?おすすめのデザインもご紹介!
インナーコンクの場所は?インナーコンクは耳の内側中央部分、少しくぼんでいる部部位...
失敗しないフォワードヘリックスの開け方!ファーストピアスに使うべき形は?
フォワードヘリックスの場所は?フォワードヘリックスは耳の顔側のくるっと巻いている...